So-net無料ブログ作成
検索選択

知らない間に離婚届が出されてしまって…は増えている?!もしされてしまったら? [今話題]

自分はすっかり夫婦だと思っていたのに、ある日気がついたら相手に離婚届を出されてしまっていた。


海外のニュースで以前聞いたことがありびっくりしたのですが、これはちょっとひどすぎる話ですよね。


そして今回日本でも、同じように知らない間に離婚届が出されてしまった、という問題が持ち上がっています。


日本の場合、日本人と結婚した外国人が被害にあっているようです。


知らない間に離婚届が出されてしまい、子供の親権も勝手に指定され、国籍を失って国に帰らなくてはならなくなったというケースまであることで、これはちょっと可愛そうですよね。



日本の場合、離婚届は書類を提出するだけで受理されてしまうという簡単なシステムですが、これがこうした問題につながっているようですよ。


本人の署名かどうかも確認しないとなれば、甘いと言えば甘いですよね、チェックが。



では、自分の知らないところで配偶者が勝手に離婚届を出してしまった場合どうなるのでしょうか。


勝手に出された離婚届は民法上無効


自分の意志とは反対に、勝手に離婚届を出されてしまった場合、民法上は無効になるそうです。

さらに、署名や捺印を偽造すると「有印私文書偽造罪及び偽造有印私文書行使罪」という刑事剤にも該当するそうですよ。

さらにさらに、偽造した離婚届を出して結婚し、婚姻届を出すと「重婚罪」になります。


ちょっと、勝手に離婚届は出すと、罰せられるんですね、しかも刑事沙汰。


勝手に出すのはモラル的にも法的にもNGということですよ。



間違って受理されてしまったら


でも、離婚届を提出すればすぐ受理されてしまいます。

その後役所に行って「修正して」といってもすぐしてくれるわけなさそうですよね。


その場合、家庭裁判所で「協議離婚無効確認調停」に入り審判、そこで確定した審判書を持って役所に行けば、戸籍の記載はもとに戻されます。でも、協議がうまくいかなかった場合は、訴訟に発展します。


離婚調停と同じ流れと考えればいいのかな。


自分には離婚する意思はない、ということや、署名は自分のものではないことを証明する必要があるので、労力掛かりそうですね。


でも、今はインターネットでも情報が集められますし、今回外国人の相談に乗っていた「リコン・アラート」
のように、支援グループもあると思うので、あきらめずに対応策を考えていったほうがいいと思います。



こうした勝手に離婚届を出されてしまった、ということを回避するため、「不受理申出制度」を利用して、相手が勝手に離婚届を出さないように、あらかじめ市役所に申し出ておくという方法もあります。



勝手に離婚て本当につらいですよね。


どんな理由であれ一度は結婚を決意して一緒になったのだから、別れるときも相手に誠意を見せてほしいなと思いますね。








スポンサードリンク



タグ:結婚 離婚 問題
nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。